薄毛脱出のために心掛けていること

薄毛に悩む日々
40代の半ばに差し掛かる頃に、頭皮のこと、髪の毛のことが凄く気になる様になりました。
その理由は、40代前半の特に比べると、頭皮がべったりする様になったり、前髪付近やつむじの辺りがどうも薄くなってきている感じがしてきたのです。
このままでは、40代の後半そして50歳になる頃には今の様なヘアスタイルを出来なくなると感じたので、頭皮や髪の毛のことを真剣に考える様になりました。

そこで、私が頭皮のことで感じた事や、頭皮や髪の毛のケアをどんな風にする様になったかをまとめたいと思います。

毎日シャンプーをしているのに、なぜは頭皮がたべつき髪の毛もじっとりしてしまう

私が頭皮のべたつきを感じる様になったのは、汗ばむ季節ではない時期でした。前日にキレイに髪の毛を洗ったのに、翌日に昼頃には何だか頭皮がベタベタしたり、髪の毛もぺタ~としてきている事の気がつきました。真夏で汗を大量に掻いたらば分りますが、どうして最近はこんな風になるんだろう?そんな日々を暫く過ごしていました。

40代女子はホルモンなども関係して、地肌や髪の毛も繊細に

なかなか繊細な話なので、友人には頭皮や髪の毛のぺた~となることや洗髪時にやけに抜毛が多くなっている話を出来ずに時が過ぎました。そんな時にネットでふと見かけた、40代の女性の頭皮はホルモンバランスなども関係していて、とても繊細になっている、言わば分かれ道になる年代だと言う事を知りました。

それまでは自分の地肌の状態を知る事もありませんでしたし、地肌ケアなどもした事がありませんでした。
しかし、シャンプーの前に地肌のケアをする事で、地肌の状態や髪の毛の状態も正常にそして健康にもっていけるという事を知ったので、さっそく自宅で始められるケアをしてみました。

椿油と育毛剤を使ってのダブルケア

私が頭皮の状態を清潔に健康に保つ為に始めた事の一つは、昔ながらの椿油の使用でした。
私が選らんだものは、大島椿と言うもので、においも無くてベタつきも少ない商品です。椿油はシャンプー前に頭皮につけてゆっくりとしっかり揉みこみます。頭皮全体の血行が良くなるイメージでマッサージを2~3分ほど行います。

その後にシャンプーをして、髪の毛を8分乾かしたら育毛剤を地肌に散布します。その後1~2分優しく頭皮をマッサージして育毛剤が髪全体に行き渡るようにしています。私が使った事がある育毛剤はベルタと、花蘭咲です。

現在もシャンプー前の椿油ケアと、シャンプー後の育毛剤(こちらは忘れることもありますが)で何とか薄毛は酷くならずにいます。毎日の小さな積み重ねで、頭皮や髪の毛が変わると信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です